スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時間の経過のメリットデメリット

中古物件のデメリットはなんといっても築年数です。
・・・・と言われています。

中古マンションでも築浅物件の方が価格も高い事からも、
時間の経過は資産価値を低下させます。

建物には経年劣化というものがあるのですから、
そのような評価を受けることは仕方のないことです。


では時間の経過そのものが即デメリットなのでしょうか?

新築の場合その建物の歴史はまさにこれから始まります。
つまりなんの実績もないわけです。
建築会社の実績や性能保証などで判断するしかありません。


ところが中古物件には歴史があり、実績があるのです。
「建築後何年経ったという実績」が・・・。

ということは時の経過と建物の痛み具合を検証できるわけです。
20年経っても痛みが少なければきちんとした修繕計画の表れですし、
同じ20年でも壁にひび割れがひどいなどの外観を呈していれば
きちんとした修繕がなされておらず、
モルタルや鉄筋など躯体部分の劣化が疑われ、
ひいては管理組合が十分に機能していない可能性もあるわけです。

「マンションは管理を買え!」と言われるほど
管理の状況は重要なものです。
それが「論より証拠」で建物を見ただけでわかるのが
中古マンションのいいところです。

共用スペースに不要物が置かれていないか?
集合ポストにチラシなどのゴミが散乱していないか?
管理人さんはまじめで親切か?
自転車置き場にパンクした自転車が放置されていないか?
などその物件の今を目の当たりにできるのです。
その物件の伝統みたいなものをうかがい知れるのです。


家、マンションを購入したい方にとって
プロの建築士のようなするどいチェックは無理です。
そのためつねに不安はつきまといます。
「この物件大丈夫かなぁ」と。

そんな時に現物を見れるメリットというものを
どうか考えてみてください!


立川、国立、東大和、武蔵村山で新築・中古戸建て、マンション、土地等の不動産をお探しの方は
立川の不動産屋いずみホーム



携帯で賃貸物件探し
立川の賃貸物件を携帯で探すかた

携帯で売買不動産探し
立川、国立の売買物件を携帯で探す方

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最近の記事
人気ランキング

人気blogランキング
FC2 Blog Ranking

最近のコメント
カテゴリー
FC2カウンター
目指せアクセスアップ!
アクセスアップをしたい方必見! どうぞご覧下さい!

FC2ブログジャンキー

RSSフィード
リンク
最近のトラックバック
ブログ内検索
プロフィール

いずみのマッツー

Author:いずみのマッツー
立川市で不動産・リフォーム業を営んでおります。日々の仕事風景を綴ります。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。