スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遮音対策(音環境)

主に共同住宅の場合の評価項目で、
上の住戸からの音や下の住戸への音、
隣の住戸への音などについて、
その伝わりにくさを評価します。

選択表示事項(オプション)ですから、
申請者が評価対象とするか否かを選択することができます。

8-1 重量床衝撃音対策:共同住宅のみ

・重量床衝撃音対策等級
上の階の床から下の階の居室に伝わる重量床衝撃音
(重量のあるものの落下や足音の衝撃音)
を遮断する対策の程度を1~5の等級で表示します。

具体的には床の構造躯体の厚さを増加させる、床を重くする、
振動を抑えるように床の端部の取付け方を工夫する
衝撃音を増幅させないように床仕上げ材の種類を選択するなどがあります。

・相当スラブ厚(重量床衝撃音)
上の階の床から下の階の居室に伝わる重量床衝撃音
(重量のあるものの落下や足音の衝撃音)
の遮断の程度をコンクリート単板スラブの厚さに換算した場合の
その厚さで表示します。

8-2 軽量床衝撃音対策:共同住宅のみ
・軽量床衝撃音対策等級
居室の上下階との界床の軽量床衝撃音
(軽量のものの落下の衝撃音)
を遮断する対策の程度を1~5の等級で表示します。

軽量床衝撃音の遮断性能を向上させるためには、
重量床衝撃音の場合と同様、床の構造や構成方法の違いに応じて、
床の構造躯体の厚さを増加させたり、
衝撃音を増幅させないように床仕上げ材に軟らかい材料を選択します。

・軽量床衝撃音レベル低減量(床仕上げ構造)
居室の上下階との界床の仕上げ構造に関する軽量床衝撃音
(軽量のものの落下の衝撃音)の低減の程度を表示します。


8-3 透過損失等級(界壁):共同住宅のみ

居室の界壁の構造による空気伝搬音の遮断の程度を1~4の等級で表示します。
空気伝搬音の遮断性能を向上させるためには、
住宅や壁の構造や材料の構成方法の違いに応じて、
・壁の構造躯体の厚さを増加させる
・壁の重さを増す
・空気伝搬音を通しにくいような複合構造の壁を選択する
・界壁に隙間やコンセントボックスなどを作らないようにする
・バルコニーや共用廊下に面する窓や換気口などから
空気伝搬音が回り込まないようにする

といった際策をとります。

8-4 透過損失等級(外壁開口部)
居室の外壁に設けられた開口部に方位別に
使用するサッシによる空気伝搬音の遮断の程度を1~3の等級で表示します。
一般的な住宅の場合外部騒音の室内への侵入や、
室内騒音の外部への放射に関して、
外壁に設けられた窓部分が最も弱点となることが多いことから、
ここでは、外壁の窓などに使用するサッシを対象とし、
東西南北の方位別に評価を行うことを定めています。

方位別に評価を行うのは、
住宅の外部の騒音発生源がどの方向にあるのかによって、
遮音性の高いサッシを用いるか否かの判断がなされることに配慮したためです。
たとえば、南側に騒音の発生源となる工場や道路がある場合には、
南側の開口部のサッシは極めて重要な役割を果たしますが、
北側はさほどではない場合も多いものと考えられます。



スポンサーサイト

テーマ : 住宅・不動産
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最近の記事
人気ランキング

人気blogランキング
FC2 Blog Ranking

最近のコメント
カテゴリー
FC2カウンター
目指せアクセスアップ!
アクセスアップをしたい方必見! どうぞご覧下さい!

FC2ブログジャンキー

RSSフィード
リンク
最近のトラックバック
ブログ内検索
プロフィール

いずみのマッツー

Author:いずみのマッツー
立川市で不動産・リフォーム業を営んでおります。日々の仕事風景を綴ります。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。