スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

柱や土台などの耐久性(劣化の軽減)

年月が経っても土台や柱など(構造躯体に使用する材料)
があまり傷まないようにするための対策が
どの程度されているかを評価します。

*比較的、短期間で取り替えることが想定される内装や設備などについては、
評価の対象にはなっていません。

3-1劣化対策等級(構造躯体等)

構造躯体に使用する材料の交換等
大規模な改修工事を必要とするまでの期間を
伸長するために必要な対策の程度を1~3の等級で表示します。

他の項目と同様、建築基準法の規定を満たしている程度を等級1とし、
通常想定される自然条件及び維持管理条件の下で、
2世代まで長持ちするため必要な対策が講じられている場合を等級2、
3世代までの場合を等級3となります。

この場合2世代とは50年〜60年程度、
3世代とは75年〜90年程度とされます。

具体的には、
・木造
木材は、腐朽菌によって腐ったり、
シロアリに食べられたりして劣化することがありますので、
この2種類のについての劣化を評価します。

・鉄骨造
鋼材は、水や大気中の汚染物質(二酸化硫黄など)によって錆びて劣化します。
鉄骨造の場合は錆による劣化を評価します。

・鉄筋コンクリート造(RC)
鉄筋コンクリートは、鉄筋のまわりをコンクリートが覆っています。
アルカリ性のコンクリートによって覆われているため、
理論上は鉄筋は錆びないわけですが、
雨などの影響で中性化するとサビが出て劣化してしまいます。
寒い地域では、コンクリートの水分が凍って膨らみ、
コンクリートが傷んだりして劣化します。

そのため鉄筋コンクリート造の場合は、
この2種類の劣化を評価します。



一戸建て・土地・マンションの購入をお考えの方は
仲介手数料最大無料のいずみホーム
スポンサーサイト

テーマ : 住宅・不動産
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最近の記事
人気ランキング

人気blogランキング
FC2 Blog Ranking

最近のコメント
カテゴリー
FC2カウンター
目指せアクセスアップ!
アクセスアップをしたい方必見! どうぞご覧下さい!

FC2ブログジャンキー

RSSフィード
リンク
最近のトラックバック
ブログ内検索
プロフィール

いずみのマッツー

Author:いずみのマッツー
立川市で不動産・リフォーム業を営んでおります。日々の仕事風景を綴ります。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。