スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地震などに対する強さ(構造の安定)


「構造の安定」については耐震等級など地震に対する強度のみならず、
耐風・耐積雪などについても評価が下されます。

1-1 耐震等級(構造躯体の倒壊等防止)
地震に対する構造躯体の倒壊、崩壊等のしにくさを表示します。
極めて希に(数百年に一度程度)発生する地震力が建築基準法で定められており、
性能表示制度ではこれに耐えられるものを等級1としています。

等級は1から3まであり、
等級2は等級1で耐えられる地震力の1.25倍、
等級3では1.5倍の力に耐えることができます。

ただし、想定する地震の揺れの強さは地域により異なるため、
東京を想定した場合震度6強から7程度に相当し、
関東大震災時の東京、阪神淡路大震災時の神戸
で観測された地震の揺れに相当します。

つまり、等級1でも大地震(震度6~7相当)
によって倒れてしまうことがないわけであり、
等級2はさらにその1.25倍、
等級3では1.5倍の強度があるという事です。

1-2 耐震等級(構造躯体の損傷防止)
地震に対する構造躯体の損傷のしにくさを表示します。
等級1の設定については上記倒壊の項と同じで、
等級2が1.25倍、等級3が1.5倍の力に対して、
損傷を生じない程度のものという事になります。

1-3 その他(地震に対する構造躯体の倒壊等防止及び損傷防止)
建築基準法で定める免震建築物であるかどうかを表示します。
免震建築物であることの確認とともに、
免震建築物としての性能を維持していくために必要な
免震材料等の維持管理ルールを設定しているかの確認も行います。

ただし、耐震ではなく免震構造であるという事を示す記述なので、
等級などの評価を行うことはありません。

1-4 耐風等級(構造躯体の倒壊等防止及び損傷防止)
暴風に対する構造躯体の崩壊、倒壊等のしにくさ
及び構造躯体の損傷の生じにくさを表示します。

最高等級が2となり、
極めて稀に(500年に一度程度)発生する暴風による力の
1.2倍の力に対して倒壊や崩壊等せず、
稀に(50年に一度程度)発生する暴風による力の
1.2倍の力に対して損傷を生じない程度を示しています。
等級1の場合は、下線部の倍率が1倍です。

極めて稀に(500年に一度程度)発生する暴風による力とは、
例えば東京近郊の住宅地を想定した場合、
高さ10mの位置で平均風速が約35m/s、
瞬間最大風速が約50m/sの暴風に相当します。

稀に(50年に一度程度)発生する暴風による力とは、
例えば東京近郊の住宅地を想定した場合、
高さ10mの位置で平均風速が約30m/s、
瞬間最大風速が約45m/sの暴風に相当し、
これは、伊勢湾台風時に名古屋気象台で記録された暴風に相当します。

1-5 耐積雪等級(構造躯体の倒壊等防止及び損傷防止):多雪区域のみ
屋根の積雪に対する構造躯体の崩壊、
倒壊等のしにくさ及び構造躯体の損傷の生じにくさを表示します。

等級は、最大等級の等級2では、
極めて稀に(500年に一度程度)発生する積雪による力の
1.2倍の力に対して倒壊や崩壊等せず、
稀に(50年に一度程度)発生する積雪による力の
1.2倍の力に対して損傷を生じない程度を示しています。

極めて稀に(500年に一度程度)発生する積雪による力とは、
例えば新潟県糸魚川市を想定した場合、約2.0mの積雪に相当します。

稀に(50年に一度程度)発生する積雪による力とは、
例えば新潟県糸魚川市を想定した場合、約1.4mの積雪に相当します。

以下の2項目についても記述されます。
1-6 地盤又は杭の許容支持力等及びその設定方法
1-7 基礎の構造方法及び形式等




不動産の購入・売却をお考えの方は売却時仲介手数料最大50%OFF、
仲介手数料最大無料のいずみホーム
スポンサーサイト

テーマ : 住宅・不動産
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最近の記事
人気ランキング

人気blogランキング
FC2 Blog Ranking

最近のコメント
カテゴリー
FC2カウンター
目指せアクセスアップ!
アクセスアップをしたい方必見! どうぞご覧下さい!

FC2ブログジャンキー

RSSフィード
リンク
最近のトラックバック
ブログ内検索
プロフィール

いずみのマッツー

Author:いずみのマッツー
立川市で不動産・リフォーム業を営んでおります。日々の仕事風景を綴ります。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。