スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

持分

住宅を買う場合に時々持分という概念が出てきます。
旦那さん2/3、奥さん1/3などのように。

持分と言うのはそれぞれの権利の割合のことです。
不動産という不可分のものについて、
数人で共有する場合に概念上誰にどれくらいの権利があるのかを表すのです。


住宅では夫婦で共有するような場合がこれにあたり、
例えば3000万円の不動産を購入する際に
旦那さんが2000万、奥さんが1000万円出す場合に
上記2/3と1/3というそれぞれの持分が割り振られます。

よくあるのが住宅購入費用として奥さんの実家が資金を援助するような場合です。

奥さんのご両親から娘夫婦への贈与が行われると、
その分は奥さん名義で登記することになります。

これは税制上問題でもあるたので後日ご説明しますが、
一般的には資金援助額が住宅購入に要した費用の合計に占める割合で
奥さんの持分が定まり、その持分でもって登記をするのです。


2/3、1/3それぞれが持分を持つからといって、
不動産そのものを分割するわけでは当然ありません。

夫婦間であれば(うまくいっている限りは)持分云々を争うことはまずないでしょう。

持分に関して争いが起こるとしたら兄弟、他人同士などの場合になります。

遺産相続で家を共同で相続した。

兄1/2、弟1/2。
半分づつわけようか?って言ってもそうはできません。

不動産を売却してその代金を持分の比率でわけるような対処をします。


友人同士でお金を出し合って船を買ったとします。
Aさんが多めに、Bさんが少なめに出して、
Aさんが2/3、Bさんが1/3の持分になった場合に、

Bさんばかりがその船を自由に使っていて、
Aさんがついに頭に来て「ふざけんな~」となったとします。

船を分けるわけにはいきません。

そんな時にはAさんは例えば一年のうち2/3の期間は自分が使うと主張したとしたら、
それは法律上恐らく認められるでしょう。

お互いに使う回数を決めるなりなんなりして、
全体の2/3はAさんが使う権利があると言った合意をするなりなんなりして、
お互いに調整できるわけです。

今まで当然のような顔をしていたBさんも、
Aさんが使えるタイミングで自分が使いたいなら

「申し訳ないんだけど使わせてもらっていいかなぁ」と
きっと下手にでてくる事でしょう。

そうなればAさんの気も晴れるでしょうし、
何よりも持分という権利が守られたことになるわけです。


話し合いって大事ですね^^
それと、権利の裏付けというのも、いざとなったら重要ですね^^


ふと思ったこと人気ブログランキング
人気blogランキングへ

FC2ランキング
FC2 Blog Ranking

立川、国立の売買不動産情報はいずみホーム
立川市、国立市、国分寺市、東大和市、小平市、武蔵村山市、日野市、昭島市の新築戸建・土地・マンションの情報
スポンサーサイト

テーマ : 住宅・不動産
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最近の記事
人気ランキング

人気blogランキング
FC2 Blog Ranking

最近のコメント
カテゴリー
FC2カウンター
目指せアクセスアップ!
アクセスアップをしたい方必見! どうぞご覧下さい!

FC2ブログジャンキー

RSSフィード
リンク
最近のトラックバック
ブログ内検索
プロフィール

いずみのマッツー

Author:いずみのマッツー
立川市で不動産・リフォーム業を営んでおります。日々の仕事風景を綴ります。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。