スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

担保について

住宅を買う際に基本的には「住宅ローン」を組んで、
金融機関等から融資を受けます。

その際に通常購入不動産に対して抵当権というものを設定します。


この抵当権は担保の代表例みたいなものなのですが、
担保には大きく分けて2種類のものがあるのです。

それは「人的担保」と呼ばれるものと「物的担保」と呼ばれるものです。

人的担保と言うのはいわゆる「保証人」というものを思い浮かべればいいです。
物的担保と言うのは先ほどの抵当権のようなものを考えて下さい。


お金を借りる契約の事を金銭消費貸借契約と言いますが、
これを一般的には「金消契約」などと略します。

その金賞契約によって生じた債務はなんらかの担保が必要になります。
住宅ローンでは数百万から数千万円と言った大きなお金の貸し借りが行われ、
それをなんらの保証なしに貸し付ける事はありえません。

期間も30年だとか35年だとかという長期に渡るわけですから、
その間ずっと返済し続けるという事は大変な事でもあるわけで、
その間に返済が滞ったり、不能になるというリスクを貸す側は負うわけですから、

そのリスクに対する備えとしてきちんと担保を取るのです。


さて、ここで実際に住宅ローンの融資を実行するにあたり
どのような手続きがなされるのかをご説明します。

金融機関は一般に2つの保証を同時に採用します。
つまり保証会社による保証と抵当権設定による保証を条件として
住宅ローンの貸付を行うのです。

保証会社による保証が人的担保、
抵当権の設定が物的担保にあたります。

保証会社による保証を受ける場合には保証料というものが必要になり、
それなら保証人を立てたいと思われるかもしれませんが、
あくまで金融機関は「保証会社による保証」を条件としているので、
いくら保証料を節約したいと思ってもそれは無理だと認識して下さい。


また、抵当権の設定は登記をしなければ効力がないも同然で、
かつ登録免許税や司法書士への報酬など、
別途経費がかかるわけですが、
これもローンの条件ですので必ず必要になります。

では次回以降さらに踏み込んだお話をしてまいります。


ふと思ったこと人気ブログランキング
人気blogランキングへ

FC2ランキング
FC2 Blog Ranking


立川、国立の売買不動産情報はいずみホーム
立川市、国立市、国分寺市、東大和市、小平市、武蔵村山市、日野市、昭島市の新築戸建・土地の情報
スポンサーサイト

テーマ : 住宅・不動産
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最近の記事
人気ランキング

人気blogランキング
FC2 Blog Ranking

最近のコメント
カテゴリー
FC2カウンター
目指せアクセスアップ!
アクセスアップをしたい方必見! どうぞご覧下さい!

FC2ブログジャンキー

RSSフィード
リンク
最近のトラックバック
ブログ内検索
プロフィール

いずみのマッツー

Author:いずみのマッツー
立川市で不動産・リフォーム業を営んでおります。日々の仕事風景を綴ります。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。