スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国立のマンション事情

国立のマンションは周辺に比べて高価です。
それはもちろん国立というブランドからなのですが、
比較的築浅のマンションが占める割合が意外と高いせいでもあります。

築10年以内の3LDK以上のマンションともなると
4000万円以上してしまいます。

これは周辺の新築戸建ての価格以上でもあり、
それなりの年収がなければ手が届かない値段です。

そうした高級感を求めている方にとっては
国立というステイタスを十分に体感できるでしょう。


ただ、この場合でも築浅に加えて駅近という条件までつけると・・・
価格は5000万円を超えてしまうことがあります。
実際駅そばの築浅物件で7000万円を超えるものもあるくらいです。

そう考えるとなんだか国立のマンションは
手の届かないもののように思えます。
そこで発想の転換をしてみます。

マンション価格を押し上げる2大要素は
「駅近」と「築浅」です。

そのどちらかを諦めれば選択肢は確実に増えます。

立地優先の方なら少し古めの中古マンションを探してみます。
例えば築20年くらいのマンションを2000万円で購入したとします。
周辺の築浅マンションが仮に3000万円だとすると、
1000万円節約した事になりそれをリフォーム代にあてるのです。

キッチン、浴室、トイレ全てを新しくするとして、
概算で250万円~400万円くらいで大丈夫でしょう。
それにクロスの貼り替え枠周りの塗装を加えても
500万円以内で抑えられます。

壁を取り払って間取りを変更するような場合でも
(3DKを2LDKへ、4DKを3LDKへ)
1000万円の予算があれば十分対応できます。


もちろん設備機器のグレードによって
上記予算より高くも低くもなるものですから、
リフォーム業者さんとそこらへんはしっかり打ち合わせをする必要があります。

ただ、このようにリフォーム前の中古マンションを安く購入して
リフォームにお金をかけた場合には
結果として購入にかかるコストを下げる事ができます。

不動産購入には諸経費がかかるのですが、
例えば仲介手数料について考えてみます。

3000万円のマンションの場合仲介手数料は1,008,000円になります。
2000万円のマンションの場合の仲介手数料は693,000円です。
その差315,000円分節約した事になります。
その他不動産取得税や登記費用なども不動産の購入価格に対してかかるものです。
それゆえそうした部分でも経費を減らした事になります。

これがもしリフォーム代が500万円で済んだとしたら、
500万円分はまるまる節約できた事になるわけで、
どこにどれだけお金をかけるのかご自分で考えながら上手にリフォームすれば、
自分の意思の反映された住まいを手に入れる事ができるわけです。

ただ、一点ご注意申し上げると、
リフォームをする費用を借りる場合には
住宅ローンとは別枠になる事があります。
その場合住宅ローンより高い金利になりますので、
その金利分の経費が多くなるという事です。

国立駅北口マンション特集
国立駅南口マンション特集

国立で不動産売買物件をお探しの方
いずみホーム/国立・立川の中古マンションをお探しの方



アレックス国立
国立デュープレックス1」
ナイスアーバン国立大学通り」
クレッセント国立
ルピナス国立ステーションスクエア
クレッセント国立ディアナプレイス
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最近の記事
人気ランキング

人気blogランキング
FC2 Blog Ranking

最近のコメント
カテゴリー
FC2カウンター
目指せアクセスアップ!
アクセスアップをしたい方必見! どうぞご覧下さい!

FC2ブログジャンキー

RSSフィード
リンク
最近のトラックバック
ブログ内検索
プロフィール

いずみのマッツー

Author:いずみのマッツー
立川市で不動産・リフォーム業を営んでおります。日々の仕事風景を綴ります。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。