スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アパート・マンション経営 その3

 不動産は取得するときから税金がかかります。

一番最初にかかる税金は、契約書にはる印紙代です。
印紙税という税金です。売買価格により金額は変わります。

また、契約が終わり、決済をしたら所有権移転となりますが
ここでもまた税金を支払うことになります。

不動産を取得したときには登記が必要
となり、その際には登録免許税がかかります。一般には
司法書士さんにお願いすることになりますが、

登記を終えると、不動産は自分名義になり、
不動産取得税もかかることになり、逆に不動産を売ったときには
譲渡税 { 所得税・住民税 } もかかってきます。不動産は固定資産
ですので、これから毎年 固定資産を支払うことになります。
固定資産税は
自分名義になったときからは自分にかかってきますので決済時に固定資産税の
清算もします。

不動産を相続で取得した場合には相続税がかかり、生前贈与の
場合は、贈与税となります。

このように不動産は高額で、いろいろ税金がかかってきますので税金
のことを考慮する必要があります。

アパート・マンションの家賃収入で通常の住居用の家賃は非課税ですが、
事業用の家賃収入、つまり店舗。事務所などは消費税の課税対象
になります。

土地には消費税はかかりませんが、建物には消費税がかかってきます。

不動産を持つと固定資産税・都市計画税がかかり、アパート・マンションの
家賃収入からは、所得税、法人の場合は法人税がかかることになります。

では法律的にはどうなってるのでしょうか?
宅建業法で不動産業者には一定の義務を与えていますし、
近年できた消費者契約法により買主は保護されています。

 借地借家法、消費者契約法、又退室の際には民法・国土交通省や
東京都で定められたガイドラインがあります。それらに従わない負担割合を
特約として契約することも可能ですが、消費者契約法もからんできますので、
注意が必要になります。

またマンションの場合には区分所有法もかかわってくることになります。

トラブルで特に多いのは敷金返還トラブルです。

借り主負担、貸し主負担には注意が必要となってきます。
一番多い敷金返還で
問題になる原状回復については次回にします。










スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最近の記事
人気ランキング

人気blogランキング
FC2 Blog Ranking

最近のコメント
カテゴリー
FC2カウンター
目指せアクセスアップ!
アクセスアップをしたい方必見! どうぞご覧下さい!

FC2ブログジャンキー

RSSフィード
リンク
最近のトラックバック
ブログ内検索
プロフィール

いずみのマッツー

Author:いずみのマッツー
立川市で不動産・リフォーム業を営んでおります。日々の仕事風景を綴ります。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。