スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中古物件の狙い目は築10年前後

中古物件を探す際に重要な要素があります。
それは残存価値と呼ばれる物で、
その物件の寿命があと何年かと言う事です。

もちろんメンテナンスの状況によって
物件ごとの寿命は大きく異なるのですが、
それを個別に判断する事は難しいため、
誰もがわかるような基準として、
筑後何年たてばいくら価値が下落する
といったような判断の仕方をします。
これを「残存価値」といいます。

例えば木質系住宅では15年という目安があり、
15年でその住宅の評価はほぼゼロになるわけです。

そうなると15年を超えた中古戸建ての場合、
上物の価値はゼロになり、
メンテナンスのよいまだまだ住める物件ならば
土地だけの価格で購入できるということになります。

ただし、残存価値即ち売り出し価格とは必ずしも言えず、
相場とあいまってその物件の価格が決まります。

それ故残存価値はゼロの建物でも
売主さんの意向を汲んで土地に
それ相応の建物の価格を乗せて売り出している場合もあります。

販売価格に関しては
築5~10年のものの価格がこなれていてよいとされます。
すると残存価値の面からから
築後15年にちかい築10年超のものが狙い目と言えそうです。

立川、国立、東大和、武蔵村山で新築・中古戸建て、マンション、土地等の不動産をお探しの方は
立川の不動産屋いずみホーム

携帯で売買不動産探し
立川、国立の売買物件を携帯で探す方
スポンサーサイト

テーマ : 不動産
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最近の記事
人気ランキング

人気blogランキング
FC2 Blog Ranking

最近のコメント
カテゴリー
FC2カウンター
目指せアクセスアップ!
アクセスアップをしたい方必見! どうぞご覧下さい!

FC2ブログジャンキー

RSSフィード
リンク
最近のトラックバック
ブログ内検索
プロフィール

いずみのマッツー

Author:いずみのマッツー
立川市で不動産・リフォーム業を営んでおります。日々の仕事風景を綴ります。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。