スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

接道義務

立川、国立、東大和、武蔵村山の土地・建物・不動産を売買したい方売買物件をお探しの方はこちら

中央線立川駅、国立駅、多摩モノレール沿線で賃貸をお探しの方賃貸物件をお探しの方はこちら

建築物の敷地は幅員4m以上の道路に
2m以上接していなければなりません。
建築基準法43条に規定されたこの制限を「接道義務」といいます。

この規定に違反して建てられた中古物件を売り出す際には
「再建築不可」の表示をしなければなりません。
接道義務違反だと建築できないのに何故こうした事態がおこるのでしょうか?

これは既存不適格と呼ばれる状況で、
建築時には適法に建てられたものの、
その後建築基準法の改定などによって、
事後的に現行の規定に不適格となってしまったようば場合です。

つまり接道義務が定められた時にはすでに建っていた家が
車も通れない狭い通路にしか接していなかったような場合です。

スポンサーサイト

テーマ : 不動産
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最近の記事
人気ランキング

人気blogランキング
FC2 Blog Ranking

最近のコメント
カテゴリー
FC2カウンター
目指せアクセスアップ!
アクセスアップをしたい方必見! どうぞご覧下さい!

FC2ブログジャンキー

RSSフィード
リンク
最近のトラックバック
ブログ内検索
プロフィール

いずみのマッツー

Author:いずみのマッツー
立川市で不動産・リフォーム業を営んでおります。日々の仕事風景を綴ります。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。